日本茶に導かれ、江戸→パリ→NYへ。次はどこかな。
by sayagata
カテゴリ
全体
NY生活
パリ生活
パリ小ネタ
お茶・喫茶
パリスイーツ
パリで和菓子
フランス料理
ワイン勉強中
自炊がんばる
パリの中の日本
ご挨拶
お知らせ
未分類
検索
お気に入りブログ
AQUA+ARIA
勝手気ままに書き綴りたいこと
ちょこっとキモノ   (...
nanogram*
まる*s Diary
クイイジーヌmintot...
雑(兎)録::日々精進
本日も和菓子日和です
八女茶 おらが山のお茶日...
-Feel Tokyo-
栗原製茶『ポレポレ通信』
いつものパリ
横浜和菓子 磯子風月堂(...
薬膳のチカラ
蕎麦侍の自信はあるけど ...
一燈庵のまったり茶飲み話
ここから
赤飯番長のひとりごと
こんなパスタはダメですか?
着物でパリ
ネコな海老
ご贔屓筋
-------------------------
Sayagata旧ブログ
-------------------------
喫茶ぶろぐ。
喫茶ぶろぐパリ支部
-------------------------
お茶ブログ
-------------------------
壷中庵喫茶の世界
茶坊主放浪記
狂想曲。
日本茶屋の旦那のひとりごと
-------------------------
和菓子ブログ
-------------------------
別冊kototoynote
Japanesque the sweets
-------------------------
パリブログ
-------------------------
食べ物中心。パリ生活。
バゲット片手に。
パリで、着物暮らし
コルシカへヨメに行く女
-------------------------
お気に入りブログ
-------------------------
kototoynote
kototoyjourney blog
暮らしのアレコレ
WAFU-図鑑
丸山智己の躍るアホウ
エールセラピーBlog
以前の記事
2008年 05月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
バトンを見落としていまし..
from ここから
cake baton
from 勝手気ままに書き綴りたいこと
TB企画“十五夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
もちはもちや。"専門"の..
from Boochanの宝探し
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧
思い出の鴨ロース煮。
確か、2005年の春頃。

ある雑誌の「お取り寄せ特集」で紹介されていたことがきっかけで購入した、長浜
一湖房”の「鴨ロース」。

今まで、鴨にさほど感動を覚えなかった私が、その美味しさに目覚めた一品。
旨みが濃厚で、甘い脂身が繊細、とろけるような美味しさなのです。

先日、日本にいる大切な友人yo-yoが誕生日を迎えたので、この鴨ロースを
贈りました。

旧ブログから見て頂いている方は、ご存知の通り、yo-yoは、昨年暮れまでの
5年間パリに滞在し、色んな楽しいことを教えてくれたり、時には迷っていた私に
進むべき道を示してくれた友人です。

すごく喜んでくれたyo-yoからのメールを読んだりしているうちに、私も鴨ロース
作ってみようかなという気になり、だし醤油で試行錯誤しながら挑戦してみました。

f0135339_52431.jpg

煮込んだりする作業がないので、意外と簡単に出来てしまって、拍子抜け。
まだまだ改良の余地がありそうですが、初めてにしては上出来の鴨ロース!

シンプルに白いごはんと頂きましたが、食が進むこと、進むこと。
あまり日本米を食べない彼も、タレをしみ込ませながら「なかなか美味しいね!」
と笑顔で食べていました(´▽`*)

(ところで、鴨の血抜きが上手に出来なかったのですが、串で上手に抜く方法を
ご存知の方いらしたら、ご教授下さい)

f0135339_5411650.jpg

そうそう、食前酒に作ったのが、檸檬甜酒。

最近、興味がふつふつと沸いている薬膳について、色々勉強させて頂いている
kuzenyaさんのブログ「薬膳のチカラ」に紹介されていたのを拝見して、触発
されました。

ちょうど、開封済みの白ワインが余っていたんだった。

甘口の白ワインだったので、加えたのは、レモンの絞り汁と水だけ。
夏にぴったりの、それはそれは美味しいワインカクテルができました。

心まで爽やかな夕食になりました。

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-30 05:57 | 自炊がんばる
シャンパンと弓道と夕陽。
バカンスシーズンが始まったパリ。

この時期、みんな本当に潔いくらい、バカンスに出かけてしまうため、市内は閑散と
します。

大手小売店以外は、もちろん平気で2ヶ月休みに入ったりするので、例えば近所の
パン屋、八百屋、美容室だってCLOSED。

日本で6年間、普通にリーマンだった私には、この現実が未だに、どこか別世界の
話のような気がしてしまいますが、ここは間違いなくバカンス天国・フランス。

ちなみに、習い始めて1ヶ月が経った弓道も、8月は夏休み。

今日は、夏休み前の締め稽古だったせいか、道場についたらシャンパンが用意
されていました。

もともと、お稽古前に、みんなでお茶を飲んだり、お菓子を食べながら談笑して
のーんびり始まるお稽古ですが、練習前にお酒!

そ、それは、ありえない(゚д゚*)

酔っ払っちゃうなぁ(*´д`)ゞと言うと、「Sayako、これがフランス流弓道なんだ」と
みんな大真面目。

ホンマかいな。

結局、2杯いただいて(え?)、何だかフワフワした気分で本日のお稽古。
少しずつ的前に立たせて頂いてますが、矢が上に逸れること、逸れること。

いつも以上に笑い声の響く道場でした。

弓道自体がとても魅力的な上に、そこにいらしている、様々な世界で活躍される
皆さんとの会話が楽しくて、疲れていてもつい、休まずに続けています。

また9月からのお稽古が楽しみだな。

ゴム弓を借りたので、8月は自主練します(笑)

f0135339_6431033.jpg

弓道場を出ると、目の前はセーヌ川。
いつも夕陽がキレイで、立ちすくしてしまいます。

夏が終わると、この時間は真っ暗なんだろうな…ちょっと寂しいな。

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-27 07:07
かき氷パーティー!
実は先日、日本の友人Nくんから、夏にぴったりの贈り物を頂いてしまいました。

f0135339_6434567.jpg

そう、かき氷器ヽ(´▽`*)ノ (正確には、氷かき器、かな)

しかも、電動だし!!!

Nくん、本当にありがとう(つд`)

嬉しさのあまり、早速友人たちを招いて、塩やきそば&カキ氷パーティーを開催
しました。

若干塩大め+胡椒たっぷりの焼きそばを頂いた後、いよいよ登場です(´▽`*)
この日のために炊いたたっぷりのあんこと、作りたての白玉を器に載せ…

f0135339_6541232.jpg

ザザザザザ

わぁ(゚д゚*)氷が細かい!すごい!本格的だ!!

大騒ぎではしゃぐ私たち。

異国にいると、日本のちょっとしたものの有り難さが、何倍にも、何十倍にもなり、
滅多に食べられないかき氷ともなれば、今この時期、どんな有名パティシエの高級
スイーツより心挽かれる甘味なのです。

f0135339_713236.jpg

溶いた抹茶と、練乳を掛けて…いただきますヽ(´▽`*)ノ

みんな、しばし無言。なんて美味しいんだろう。

昔食べたかき氷の思い出話に花を咲かせながら、かき氷ってこんなに美味しい
ものだったんだね、と、大げさでなく、全身と五感でしみじみ味わいました。

f0135339_7438100.jpg

贅沢な、かき氷お代わり(´▽`*)

Nくんが添えてくれた3種類のシロップのうち、いちごを開封して、いちごミルク、
そこにさらにあんこと白玉を足して、いちご大福風。

これも本当に美味しかった。

半日係りで作ったあんこがものの20分で無くなってしまったけれど(笑)、ただ
美味しいスイーツを食べた以上のものが、私たちの中に残りました。

あぁ、かき氷用のガラスの器がほしいなぁ(´▽`*)

今年は、かき氷の魅力を、フランスの友人達にも伝えていこう!

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-26 07:11 | パリで和菓子
レバノンサンドと野外映画。
さて、コンサートでひとしきり楽しんだ後は、Villette公園の野外映画です。

と、その前に、今晩の夕食を買わないとネ(´▽`*)

向かった先は、レバノン料理通Tさんに教えていただいた、先ほどの公園から徒歩
圏内にある、レバノンサンドのお店。

店頭には、山のように盛り上がった、不思議な鉄板が並んでいます(゚д゚*)

店員さんに、初めて来たので、お勧めを教えて下さい、と伺ったところ「それなら
絶対Soujoukだね」と即答。

f0135339_5343942.jpg

これがそのSoujouk。(あまり美味しそうに撮れてなくてスミマセン)

先ほど店頭で見かけた鉄板で、具を載せたピザのような生地を焼いた後、さらに
具を乗せてクルクル~っと巻かれたもの。

中身は、ひき肉とスパイス、トマトやピクルスなどの野菜。

うわ(>_<*)なんて魅惑的なスパイスの香り!

本当は映画を見る公園で頂く予定でしたが、たまらず、Yumikさんとその場で
パクリ!「半分だけにしようね」と言いながら、止まらない止まらない。

具体的に何が違うのか分かりませんが、これはちょっと、今まで味わったことの
ない美味しさです。スパイスの力かな。一度でハマってしまいました。
(Tさん、いつも美味しいお店の情報、ありがとうございます)

そんな道中を経て、目的の映画会場であるParc de la villetteへ到着。
旧ブログから見て頂いている方はご存知、あの台風事件の因縁の公園です。

今日は、お天気も穏やかだから、大丈夫そうかな。

映画の開始時刻は「日が暮れてから」。

これから8月末まで、ほぼ連日、無料の映画上映が行われるのです。

会場は、だだっ広い公園の敷地で、みんなピクニック形式で場所を取り、映画は
空気で膨らます巨大スクリーンに映されます。

私たちが到着したのが20時半頃。日没まで時間があったので、サンドイッチの
わずかな残りをいただきながら談笑。

f0135339_5475635.jpg

サンドイッチと一緒に買った中東ドリンク!

左は、飲み物のくせに濃厚すぎて喉が渇く、マンゴージュース。
右は、トルコのヨーグルトドリンク。しょっぱい!酸っぱい!身震いする味です!

f0135339_5572861.jpg

マンゴーは濃すぎて、ヨーグルトドリンクはしょっぱすぎて喉が潤わず、結局
ビールを購入。去年もビール飲んでましたね、私たち(;´д`)ゞ

f0135339_558442.jpg

セットメニューについていた、レバノンスイーツ。
名前が聞き取れませんでしたが、ちょっとヌガのようなねっとりしたお菓子です。

左は、なんとアールグレイの香り!そっか、ベルガモットだ!
右は、生八つ橋(´▽`;)ニッキの香りです。

f0135339_68320.jpg

中東グルメを楽しんでいる私たちの周りも、それぞれ思い思いの食べものを持参
した様々なグループがいて、それを眺めているだけでもとても楽しい。

私たちの前は、男性2人組。

ビールとワインをラッパ飲みで、食べ物はつまみだけ。フランス的潔さ。

それにしても、あの小さめの瓶は、マヨネーズ?何につけるんだろう?いや、もし
かしてすりリンゴとかで、あとでスプーンで突くんじゃないの?などとYumikさんと
密かに見守っていると、右の男性が、…瓶ごとグイ呑み。

なっ(゚д゚*)ビンごと?

その展開は考えてなかったわ。

もしかしてスープかも知れませんね。冷めるけど、瓶で運ぶとは合理的。

f0135339_6155359.jpg

ものすごーく前置きが長くなりましたが、やっと、映画の上映が始まりました!
今日の映画はMaurice Pialatの「L`enfance nue」(裸の幼年時代)。

孤児の少年Francoisが、養子にもらわれた先での出会いを経て変わっていく様
を描いた、1968年の仏映画です。

寒くて、ブランケットにくるまれながらの鑑賞でしたが、主人公の少年が自分自身
を持て余している様子や周囲との葛藤、無償の愛情によって変わっていく様子など
があどけないけれどとても自然に描かれていて、なんだかドキュメンタリーを見て
いるような気分になりました。

最後が美しすぎないところも、人間くささがあって良かったかな。

Yumikさんと、また見に来ようね、と約束して帰宅しました。

追記:去年このイベントの魅力を教えてくれたyo-yoに感謝。

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-26 06:32 | パリ生活
踊る・踊る・踊るマダム。
コメントのご返信が遅れています。ごめんなさい。

日曜日の夕方。今日はYumikさんとおでかけ。

f0135339_695630.jpg

最初に行ったのが、15区Georges Brassens公園の一角で行われた、イギリス
BURTON高校による無料コンサート。

「DANS LES KIOSQUES」という、パリ中の様々な公園で、様々なジャンルの
音楽が演奏される、無料イベントの一環です。

パリの夏は、本当にイベントがいっぱいだなぁ。

この日のコンサートの音楽ジャンルは「ファンファーレ」。

音楽素人の私は、あの効果音的ファンファーレの連続なのか?と思っていたら
(浅知恵)、一曲目がなんと「ロッキーのテーマ」。

え、なんだかすごく庶民(?)的(゚д゚*)

他にも、ディズニー音楽だったり、どこかで聞いたことのある親しみやすい曲調
のものばかり。

ファンファーレというより、高校時代の吹奏楽部の演奏発表会のような感じで、
なんだか無償に懐かしい雰囲気です。

f0135339_6153096.jpg

日曜の午後、しかも子供でも聞きやすい曲ばかり、ということで、自然と子供たち
が吸い寄せられるように集まってきました。

f0135339_6161152.jpg

この、赤ぶちのめがねを掛けた、プチのび太くんがめちゃくちゃカワイかった!

f0135339_6165280.jpg

みんな、いっちょ前に踊る踊る!さすがラテン系。

f0135339_6173843.jpg

会場の右手で、熱心に耳を傾けるお兄さん。

っていうか、ヘッドホンついてますケド!

f0135339_631866.jpg

2時間のコンサート、前半はファンファーレ、後半はチーム変成と指揮者変更を
経てジャズ。

偶然にも、弟が高校時代にジャズをやっていたので、知っている曲も多く、小気味
よく、心地いいテンポに、心も体も軽くなってくるよう。

f0135339_6315582.jpg

体が身軽になったあまり、一人観客の前で踊りだすおばちゃん。

ややガニマタ気味で、踊る!

f0135339_632336.jpg

近くにいた中学生を強引に引き込み…

踊る!

f0135339_6331350.jpg

男の子、顔引きつって、足ももつれ気味だけど、もちろん…

踊り続ける!

さすがラテン系の国だなぁ、と感心しながら周りを見回すと、みんなポカーン(゚д゚*)
フランスではありえるノリなのかと思ったら、そうでもなかったようです。

音楽以上に、子供たちや、ノンストップで踊るおばちゃんに、視覚的に楽しませて
もらったコンサートでした。

BURTON高校のみなさん、ステキな演奏をありがとう♪

この後、野外映画へ繰り出したのです。(続く)

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-25 09:05 | パリ生活
ココナッツわらび汁粉。
バタバタとした平日を終え、迎えた土曜日。

今日は台所を整理しようと決めていたので、朝から大掃除です。(でも台所だけ)

たまたま、ほんの少しだけ残っていたわらび粉を発見したので、掃除後、一人分
の和菓子を作りました。

天気も良かったし、なんとなく夏らしい和菓子を、と思って、かなりひらめき的に
作ってみたのがこちら。

f0135339_5482442.jpg

ココナッツミルクを練りこんだわらび餅の、冷やし汁粉。

わらび餅が、とろっとろ。後からふんわり香るココナッツと、あんこが好相性!

こんな美味しくできるんだったら、レシピ逐一控えて置けば良かった…。
目分量と感覚で作ったので、もう同じ塩梅で作れないかも(つд`)

とはいえ、いい意味で予想を裏切る、大満足(自己満足?)な仕上がりでした。

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!

【メモ】
・今回、わらび粉50~60g弱。
・ココナッツミルク(缶詰)は、濃縮還元せずそのまま、多分30ccくらい。
・その分水分減らす。
・練り上げ時は、なぜかよくまとまるが、よく火を通す。
[PR]
by sayagata | 2007-07-25 05:56 | パリで和菓子
なんちゃって日本食。
久々の小ネタをば。

---------------------------------------------------------------

パリ市内某所。

f0135339_75441100.jpg

日本食レストランKIMURA、と書かれたそのお店…

f0135339_755530.jpg

それ、中華だし!
(でも、窓にKIMURAって書いてある…)

---------------------------------------------------------------

こちらは、パリ在住の日本人の間では比較的存在が知られているお店。

f0135339_755313.jpg

東京と大阪、どっちですか。

---------------------------------------------------------------

中華街のスーパーで見かけたお菓子。

f0135339_7561021.jpg

どうしても「」が苦手!な、ラノワンビスケト。

なるほど、薄くて、脆い餅な訳です。

---------------------------------------------------------------

ネタを提供し続けてくれる、隣国のみなさん、ありがとう。

【ブログランキング】に参加中!
クスッと笑って頂けたら、【ワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-21 08:08 | パリ小ネタ
抹茶土用餅!
寒くて不安定な天候が続いたパリも、やっと夏の気配(´▽`*)

こんな時、うなぎもいいけれど、和菓子好きはやっぱり土用餅!
過去記事・2005年土用餅紹介

土用の入りで、シーズン真っ盛りであろう日本に思いを馳せつつ(とらやさんの
土用餅食べたかった…)、ちょっとアレンジして作ってみました。

f0135339_729488.jpg

白餡に抹茶を加えた抹茶餡で、お餅をくるんでます。
ちょっと、ずんだっぽい?

おかしいな、色のイメージは翡翠羹…だったのに(*-_-)ゞ

f0135339_7162840.jpg

中身は、中華スーパーで購入した粳米の粉末がベース。
(400gで0.58ユーロ。安ッ!)

感覚的には、上新粉というより、さらに細かい上用粉…という感じです。
作り方は簡単。水を加えて、形を整え、茹でるだけ。

アクセントに、先日のGoisの塩を使ってみたかったので、すり鉢で挽いてから
お餅の中にちと忍ばせてみました。

包餡…じゃなくて、包餅?が久しぶりでしたが、感覚が残っていて良かった=3
※和菓子の中身を包みながら、丸く整える作業。

お餅が予想外に柔らかかったですが、抹茶の香りでなかなか爽やかな一品
が出来ました(´▽`*)塩もいい塩梅です。

こちらも、フランスで手に入りやすい材料だけで作ることが出来ました!
和菓子でパリの夏を乗り切るぞー!

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-21 07:44 | パリで和菓子
Goisの塩で塩焼きそば。
VENDEEの旅から帰り、早3日。

旅の余韻に浸りながら、お土産を…といっても塩ですが、紐解いてみました。

f0135339_621136.jpg

干潟Goisの塩田で買った、ゴソッと飾りっけのない、でもすごく美味しそうな塩。
一つまみ口に含むと、最初はまろやかな旨み、後からじっくり塩気が来ます。

何に使おうか散々迷ったのですが、久しく食べていない塩やきそばに決定!

目指すは、新宿のカラオケ店SHID●Xで食べた、あの塩焼きそばの味。
(前の会社帰りに、よく同僚や先輩と歌いながら食べた、私にとって懐かしの味。
若干チープな感じなのですが、それがまた美味しかったのです)

f0135339_625574.jpg

作り方はシンプル。

炒めた豚肉(ここでは、豚のソーセージAndouilletteをほぐしたもの)に焼きそば
1玉を加え、ササッと火を通して野菜を投入。

調味料は、Goisの塩とたっぷりの胡椒、コンソメに、水と片栗粉少々のみ。

レモンをキュキュッと絞って…んまーい(゚д゚*)!!
これは美味しいです。ほんのり甘い、マイルドな塩加減がなかなか!

適当に作ったのに、夏にぴったりの一皿ができて、大満足。

塩おにぎりに塩まんじゅう、塩鶏…。
このGois塩で、色々作ってみたくなりました。

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-19 06:39 | 自炊がんばる
VENDEEの旅・その3。
すっきりと晴れ上がった翌朝、日曜日。

Mが、フランス本土と、離れ小島「Noirmoutier(ノワールムティエ)」島をつなぐ
干潟「Gois」に連れて行ってくれました。

f0135339_556862.jpg

干潟とは言っても、潮が引いているのは半日未満。

写真を撮った横では、ものすごい数の老若男女が、潮干狩りに興じていました。
壊れかけた元灯台?と思しき建物に登って、広い海を見渡し深呼吸=3

f0135339_5582092.jpg

Goisを通り抜けて渡りついた小さな離れ小島も、やはり港町。
なんだか可愛らしい町並みです。

この近辺は、魚介類の宝庫。そこら中で牡蠣やムール貝の量り売りをしていたり
数え切れないほどの塩田が並び、ミネラル分たっぷりの塩が売られていたり。

ひゃー、お塩が安い(゚д゚ノ)ノ!!

f0135339_7554629.jpg

小さな水族館があったので、立ち寄りました。

さすが港の傍。鯛から、熱帯魚、ピラニア、あざらし、サメまで全部網羅してる!

でも一番愛嬌があったのが、この亀(´▽`*)
鼻(口?)をフガフガさせて、ガラスに顔をくっつけていたのが可愛かった。

f0135339_812910.jpg

水族館のあとは、同じ島にある浜辺の木陰で、ランチタイム。

近所で買った地元のシーフードたっぷりのお惣菜を、バゲットと一緒にイタダキ
マス!

透き通る海と、澄み渡る大空。

贅沢な景色に、しばし無言。んまー、吹き抜ける風の心地よさと言ったら!
ここだったら、ただのバゲット+バターだけでも、美味しさ100倍増に違いない。

そして、港街を散策した後、Gois経由で再び本土に戻って、浜辺へ。

数年ぶりの水着を着て、思いっきり泳いで来ましたヽ(´▽`*)ノ
(防犯でカメラを持参しなかったので、写真はありません。あしからず)

少し水が冷たかったけど、少し泳いだらぽっかぽか。
年齢をわきまえず、声が枯れるまで大はしゃぎしました。

潮の香りを残したまま、心地よい疲れと共に帰宅。

f0135339_86449.jpg

自宅では、Mの両親が夕食を準備してくれていました。
仲のいい友人の方々も集まって、10人でテラスの食卓へ。にぎやかです!

カンパリと白ワインのカクテルで乾杯!
ほろ苦くて美味し~(>_<*)

前菜は、トマトとツナのサラダ、メインは、Mの両親が採ってきてくれたばかりの
アサリのワイン蒸し、イカや海老などのシーフードの煮込み、そしてフルーツ。

f0135339_87878.jpgf0135339_872344.jpg
f0135339_875212.jpgf0135339_881195.jpg

野菜や果物は全てお庭か、ご近所さんのお裾分け、シーフードは採れ立て、
ぜーんぶ、郷土産!

アサリはドーンと鍋で出てきて、こんな食べられないよ…と思ったのも束の間、
もう、美味しいなんてものじゃありません。旨みたっぷりで、まさに絶品。

白ワインとも合うこと、合うこと。素材の美味しさに感動するって久しぶりです。
最高の食事をご一緒させていただきました。

実は、私たちの滞在も、これで最後。

彼が月曜の早朝に用があるため、夜中にVendeeを出発することになり、Mの
家族やご友人たちに別れを告げました。

みなさん、暖かいおもてなしを、本当にありがとう!

名残惜しそうに最後まで見送ってくれて、今度はパリでの再会を約束。

f0135339_8225116.jpg

帰路についた私たちは、パリにはまっすぐ帰らず、Toursにちょっと寄り道。

到着は夜中でしたが、ここに帰省中のもう一人友人Gと夜の街にお出かけ。
(かなり強引なスケジュールです)

疲れと眠気がピークに達して、もう訳が分からないハイテンション!

“お箸が転がってもおかしい”じゃないですが、何をやっても笑ってしまって、
ただの笑い上戸と化しました(;´д`)ゞ

それにしても、Toursってすごくキレイな街ですね!
今度絶対、旅行で来たいなぁ。

パリに着いたのは、8時頃。
その後は1日中、ぐっすりと眠ってしまいました。

本当に夢のような、とても楽しい小旅行でした。
企画してくれたSとMに感謝。Vous etes GENIAUX!!

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-18 08:38 | パリ生活