日本茶に導かれ、江戸→パリ→NYへ。次はどこかな。
by sayagata
カテゴリ
全体
NY生活
パリ生活
パリ小ネタ
お茶・喫茶
パリスイーツ
パリで和菓子
フランス料理
ワイン勉強中
自炊がんばる
パリの中の日本
ご挨拶
お知らせ
未分類
検索
お気に入りブログ
AQUA+ARIA
勝手気ままに書き綴りたいこと
ちょこっとキモノ   (...
nanogram*
まる*s Diary
クイイジーヌmintot...
雑(兎)録::日々精進
本日も和菓子日和です
八女茶 おらが山のお茶日...
-Feel Tokyo-
栗原製茶『ポレポレ通信』
いつものパリ
横浜和菓子 磯子風月堂(...
薬膳のチカラ
蕎麦侍の自信はあるけど ...
一燈庵のまったり茶飲み話
ここから
赤飯番長のひとりごと
こんなパスタはダメですか?
着物でパリ
ネコな海老
ご贔屓筋
-------------------------
Sayagata旧ブログ
-------------------------
喫茶ぶろぐ。
喫茶ぶろぐパリ支部
-------------------------
お茶ブログ
-------------------------
壷中庵喫茶の世界
茶坊主放浪記
狂想曲。
日本茶屋の旦那のひとりごと
-------------------------
和菓子ブログ
-------------------------
別冊kototoynote
Japanesque the sweets
-------------------------
パリブログ
-------------------------
食べ物中心。パリ生活。
バゲット片手に。
パリで、着物暮らし
コルシカへヨメに行く女
-------------------------
お気に入りブログ
-------------------------
kototoynote
kototoyjourney blog
暮らしのアレコレ
WAFU-図鑑
丸山智己の躍るアホウ
エールセラピーBlog
以前の記事
2008年 05月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
バトンを見落としていまし..
from ここから
cake baton
from 勝手気ままに書き綴りたいこと
TB企画“十五夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
もちはもちや。"専門"の..
from Boochanの宝探し
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:パリ生活( 41 )
怪傑キャピタン!
前の晩に、マリーアントワネットを一緒に鑑賞した友人たちと「今日も映画行こう!」
と、勢いづいて、再び夜の公園へ。

(8月1日~19日まで開催されている「Cine au clair de lune(月明かりの映画)」
で、ほぼ毎晩、パリのいずれかの公園で、様々な野外映画が無料で上映されている
のです)

今晩は、このブログでも度々ご紹介している、アンドレ・シトロエン公園が会場。
なんたって地元。行かない手はありません。

6人で集まり、まずは恒例(?)の腹ごしらえ(´▽`*)

f0135339_026658.jpg

昨晩、照り焼きチキンサンドが好評だったので、調子に乗ってまたサンドイッチ。
今度は、カレーたまごサンドです。

味は良かったのですが、バゲットだと、なんと!食べた瞬間にたまごが全部押し
出されてしまう!!…これは失敗(-_-*)

でも懲りずに、今度は焼きそばバゲットに挑戦してみよう(笑)

f0135339_0295531.jpg

Yumikさんの、パテサンド。無花果とナッツのパンと良く合っていて美味しい!
色々と皆さんのお料理をつまみながら、連日ワイン三昧。

f0135339_0341247.jpg

写真と見た目がお粗末ですが、デザートはちょっと贅沢パンナコッタ。

下に、その場で砕いたブルターニュガレットを敷き、先日同僚がマダガスカル土産
にくれたバニラを惜しげもなく使った、甘さ控えめのパンナコッタ、さらに、手作りの
白ぶどうのジャムを添えています。

お!なかなか爽やか(´▽`*)バニラいい香りだなぁ♪

f0135339_0433066.jpg

今日はいいお天気だったので、空も澄み切っていました。
(写真ブレてますが、頭を振っているお馬さんの映像です)

今宵の映画は「怪傑キャピタン」。
1960年のフランス映画で、17世紀が舞台のヒーローもの。

予備知識なしで観に行き、てっきり感動物なのかと思っていたら、とんだ勘違い。
最高に楽しいコメディ映画で、終始笑いっぱなし(´▽`*)

主人公キャピタン役のJean Maraisもステキでしたが、大道芸人役のBourvilが
最高に面白かった。

でも、何より一番楽しかったのは、実は観客の反応でした。

映画にいくと誰もが感じることですが、フランス人はよく相槌を打ったり、ツッコミを
入れたり、ブーイングしたり、拍手したり、笑ったりと、とにかくリアクション上手。

昨晩のマリーアントワネットでも、ルイとやっと結ばれるシーンでは、全員がわぁ!
と色めきたち、「やった!」「おめでとう!!」と大喝采!今回の映画も、悪役には
分かりやすいブーイング、主人公が姫を助けるシーンでは、指笛の嵐。

この、フランス人の素直さと言うか、素朴さがいいなと思いました。

よく食べ、よく飲み、よく笑った夜でした(´▽`*)

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-08-06 03:41 | パリ生活
マリー・アントワネットなピクニック。
…というタイトルを付けると、さぞや優雅なピクニックと思われそうですが(*´д`)ゞ
野外上映の「マリー・アントワネット」を観ながら、ピクニックをしてきたのです。

f0135339_1849243.jpg

場所は14区のモンスリー公園。去年のピクニック以来、1年ぶりです。
余裕を持って着いたつもりが、無料+花金で、すでにものすごい人(゚д゚*)!

アメリカ人監督ソフィア・コッポラが描くフランス王妃、という題材への関心の高さ
も伺えるようでした。

友人の友人連鎖で、思ったより人数が多くなった私たちも、何とか場所を確保。

日没まで、まずは腹ごしらえです(´▽`*)ビール&ワインで乾杯!

f0135339_18533185.jpg

作っていった、カシューナッツ入り照り焼きチキンサンド。んまーい!

物心付いた時から、私はなぜか、鶏肉とカシューナッツの組み合わせが大好き。
中華料理に行ったら必ず、「鶏肉とカシューナッツの炒め物」を頼んでしまいます。
このハーモニーを試みた中国人、バンザイヽ(´▽`*)ノ

f0135339_1964260.jpg

Yumikさん持参の、インド春巻きサモサも美味しかった!

その他、フランスらしいチーズ+バゲットの組み合わせや、プレッツェルなどなど。
ワインが進む、進む…。

f0135339_199317.jpg

お酒がちょうど気持ちよく回った頃、上映が始まりました。

ちょうど通路の後ろで、人通りが多く、最初は随分集中力をそがれましたが(;´д`)
気が付けば“マカロンカラー”で彩られた、モダンで軽妙なタッチの作品に気持ちが
スッと入っていました。

観終わって、最初の印象が、「今まで観たことがない感じの映画」。

このうまく表現できない感覚を、今朝もう一度、映画の内容を思い出しながら吟味
して、やっと分かりました。

そうか、あの映画はマリー・アントワネットの視線で描かれたものだったんだ。

17世紀を振り返って再現した映画ではなく、生きている彼女の生活そのもの、彼女
の目に映った世界そのもののを描いた映画。

だから、ロイヤル・ブルーではなく、フレッシュなパステルブルーなんだ!

監督のインタビューを読み、作品を振り返ると、まさに彼女の目指していたものが
描かれているなぁと感じることができました。

スパイダーマンで初めてキルスティン・ダンストを観た時、なんだか視線が寂しそう
な女優さんだなーと感じたのですが、そのどこか物憂げな視線が、孤立したマリー・
アントワネットをとても効果的に表現していたように思います。

些細なことですが、お菓子の食べ方も、ガーリーでチャーミングだった(´▽`*)

そうそう、途中、ジャスミン茶を楽しむシーンが有って、そういえば17世紀のこの頃
日本の茶業はどうなっていたんだっけ?と帰宅してから、日本茶インストの教本を
引っ張り出して来ました。

そうか、煎茶の創製の頃だったんだ。(お茶ッキーの独り言)

相も変わらず歴史に疎い私ですが、今回ばかりは、アントニア・フレーザーの本を
読んで、もっとマリー・アントワネットのことを知りたいという気持ちになりました。

f0135339_1995625.jpg

今回一緒にピクニックした、アーティストTakejさんの手作り抹茶ケーキ。

昨晩いただけなかったので、今朝、朝食にいただきました。
しっとり濃厚、甘さ控えめで美味しかった(*´▽`)♪

Takeちゃん、ごちそうさまでした!

敷いている手ぬぐいは、私の和菓子の師匠でもあるエマさんからの頂き物。
シンプルな柄なのに、傍に添えるだけで柔らかい雰囲気が出るので、とても気に
入っています。

エマさん、ありがとう(´▽`*)

今晩もまた、ピクニックしてきます!

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-08-04 20:03 | パリ生活
レバノンサンドと野外映画。
さて、コンサートでひとしきり楽しんだ後は、Villette公園の野外映画です。

と、その前に、今晩の夕食を買わないとネ(´▽`*)

向かった先は、レバノン料理通Tさんに教えていただいた、先ほどの公園から徒歩
圏内にある、レバノンサンドのお店。

店頭には、山のように盛り上がった、不思議な鉄板が並んでいます(゚д゚*)

店員さんに、初めて来たので、お勧めを教えて下さい、と伺ったところ「それなら
絶対Soujoukだね」と即答。

f0135339_5343942.jpg

これがそのSoujouk。(あまり美味しそうに撮れてなくてスミマセン)

先ほど店頭で見かけた鉄板で、具を載せたピザのような生地を焼いた後、さらに
具を乗せてクルクル~っと巻かれたもの。

中身は、ひき肉とスパイス、トマトやピクルスなどの野菜。

うわ(>_<*)なんて魅惑的なスパイスの香り!

本当は映画を見る公園で頂く予定でしたが、たまらず、Yumikさんとその場で
パクリ!「半分だけにしようね」と言いながら、止まらない止まらない。

具体的に何が違うのか分かりませんが、これはちょっと、今まで味わったことの
ない美味しさです。スパイスの力かな。一度でハマってしまいました。
(Tさん、いつも美味しいお店の情報、ありがとうございます)

そんな道中を経て、目的の映画会場であるParc de la villetteへ到着。
旧ブログから見て頂いている方はご存知、あの台風事件の因縁の公園です。

今日は、お天気も穏やかだから、大丈夫そうかな。

映画の開始時刻は「日が暮れてから」。

これから8月末まで、ほぼ連日、無料の映画上映が行われるのです。

会場は、だだっ広い公園の敷地で、みんなピクニック形式で場所を取り、映画は
空気で膨らます巨大スクリーンに映されます。

私たちが到着したのが20時半頃。日没まで時間があったので、サンドイッチの
わずかな残りをいただきながら談笑。

f0135339_5475635.jpg

サンドイッチと一緒に買った中東ドリンク!

左は、飲み物のくせに濃厚すぎて喉が渇く、マンゴージュース。
右は、トルコのヨーグルトドリンク。しょっぱい!酸っぱい!身震いする味です!

f0135339_5572861.jpg

マンゴーは濃すぎて、ヨーグルトドリンクはしょっぱすぎて喉が潤わず、結局
ビールを購入。去年もビール飲んでましたね、私たち(;´д`)ゞ

f0135339_558442.jpg

セットメニューについていた、レバノンスイーツ。
名前が聞き取れませんでしたが、ちょっとヌガのようなねっとりしたお菓子です。

左は、なんとアールグレイの香り!そっか、ベルガモットだ!
右は、生八つ橋(´▽`;)ニッキの香りです。

f0135339_68320.jpg

中東グルメを楽しんでいる私たちの周りも、それぞれ思い思いの食べものを持参
した様々なグループがいて、それを眺めているだけでもとても楽しい。

私たちの前は、男性2人組。

ビールとワインをラッパ飲みで、食べ物はつまみだけ。フランス的潔さ。

それにしても、あの小さめの瓶は、マヨネーズ?何につけるんだろう?いや、もし
かしてすりリンゴとかで、あとでスプーンで突くんじゃないの?などとYumikさんと
密かに見守っていると、右の男性が、…瓶ごとグイ呑み。

なっ(゚д゚*)ビンごと?

その展開は考えてなかったわ。

もしかしてスープかも知れませんね。冷めるけど、瓶で運ぶとは合理的。

f0135339_6155359.jpg

ものすごーく前置きが長くなりましたが、やっと、映画の上映が始まりました!
今日の映画はMaurice Pialatの「L`enfance nue」(裸の幼年時代)。

孤児の少年Francoisが、養子にもらわれた先での出会いを経て変わっていく様
を描いた、1968年の仏映画です。

寒くて、ブランケットにくるまれながらの鑑賞でしたが、主人公の少年が自分自身
を持て余している様子や周囲との葛藤、無償の愛情によって変わっていく様子など
があどけないけれどとても自然に描かれていて、なんだかドキュメンタリーを見て
いるような気分になりました。

最後が美しすぎないところも、人間くささがあって良かったかな。

Yumikさんと、また見に来ようね、と約束して帰宅しました。

追記:去年このイベントの魅力を教えてくれたyo-yoに感謝。

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-26 06:32 | パリ生活
踊る・踊る・踊るマダム。
コメントのご返信が遅れています。ごめんなさい。

日曜日の夕方。今日はYumikさんとおでかけ。

f0135339_695630.jpg

最初に行ったのが、15区Georges Brassens公園の一角で行われた、イギリス
BURTON高校による無料コンサート。

「DANS LES KIOSQUES」という、パリ中の様々な公園で、様々なジャンルの
音楽が演奏される、無料イベントの一環です。

パリの夏は、本当にイベントがいっぱいだなぁ。

この日のコンサートの音楽ジャンルは「ファンファーレ」。

音楽素人の私は、あの効果音的ファンファーレの連続なのか?と思っていたら
(浅知恵)、一曲目がなんと「ロッキーのテーマ」。

え、なんだかすごく庶民(?)的(゚д゚*)

他にも、ディズニー音楽だったり、どこかで聞いたことのある親しみやすい曲調
のものばかり。

ファンファーレというより、高校時代の吹奏楽部の演奏発表会のような感じで、
なんだか無償に懐かしい雰囲気です。

f0135339_6153096.jpg

日曜の午後、しかも子供でも聞きやすい曲ばかり、ということで、自然と子供たち
が吸い寄せられるように集まってきました。

f0135339_6161152.jpg

この、赤ぶちのめがねを掛けた、プチのび太くんがめちゃくちゃカワイかった!

f0135339_6165280.jpg

みんな、いっちょ前に踊る踊る!さすがラテン系。

f0135339_6173843.jpg

会場の右手で、熱心に耳を傾けるお兄さん。

っていうか、ヘッドホンついてますケド!

f0135339_631866.jpg

2時間のコンサート、前半はファンファーレ、後半はチーム変成と指揮者変更を
経てジャズ。

偶然にも、弟が高校時代にジャズをやっていたので、知っている曲も多く、小気味
よく、心地いいテンポに、心も体も軽くなってくるよう。

f0135339_6315582.jpg

体が身軽になったあまり、一人観客の前で踊りだすおばちゃん。

ややガニマタ気味で、踊る!

f0135339_632336.jpg

近くにいた中学生を強引に引き込み…

踊る!

f0135339_6331350.jpg

男の子、顔引きつって、足ももつれ気味だけど、もちろん…

踊り続ける!

さすがラテン系の国だなぁ、と感心しながら周りを見回すと、みんなポカーン(゚д゚*)
フランスではありえるノリなのかと思ったら、そうでもなかったようです。

音楽以上に、子供たちや、ノンストップで踊るおばちゃんに、視覚的に楽しませて
もらったコンサートでした。

BURTON高校のみなさん、ステキな演奏をありがとう♪

この後、野外映画へ繰り出したのです。(続く)

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-25 09:05 | パリ生活
VENDEEの旅・その3。
すっきりと晴れ上がった翌朝、日曜日。

Mが、フランス本土と、離れ小島「Noirmoutier(ノワールムティエ)」島をつなぐ
干潟「Gois」に連れて行ってくれました。

f0135339_556862.jpg

干潟とは言っても、潮が引いているのは半日未満。

写真を撮った横では、ものすごい数の老若男女が、潮干狩りに興じていました。
壊れかけた元灯台?と思しき建物に登って、広い海を見渡し深呼吸=3

f0135339_5582092.jpg

Goisを通り抜けて渡りついた小さな離れ小島も、やはり港町。
なんだか可愛らしい町並みです。

この近辺は、魚介類の宝庫。そこら中で牡蠣やムール貝の量り売りをしていたり
数え切れないほどの塩田が並び、ミネラル分たっぷりの塩が売られていたり。

ひゃー、お塩が安い(゚д゚ノ)ノ!!

f0135339_7554629.jpg

小さな水族館があったので、立ち寄りました。

さすが港の傍。鯛から、熱帯魚、ピラニア、あざらし、サメまで全部網羅してる!

でも一番愛嬌があったのが、この亀(´▽`*)
鼻(口?)をフガフガさせて、ガラスに顔をくっつけていたのが可愛かった。

f0135339_812910.jpg

水族館のあとは、同じ島にある浜辺の木陰で、ランチタイム。

近所で買った地元のシーフードたっぷりのお惣菜を、バゲットと一緒にイタダキ
マス!

透き通る海と、澄み渡る大空。

贅沢な景色に、しばし無言。んまー、吹き抜ける風の心地よさと言ったら!
ここだったら、ただのバゲット+バターだけでも、美味しさ100倍増に違いない。

そして、港街を散策した後、Gois経由で再び本土に戻って、浜辺へ。

数年ぶりの水着を着て、思いっきり泳いで来ましたヽ(´▽`*)ノ
(防犯でカメラを持参しなかったので、写真はありません。あしからず)

少し水が冷たかったけど、少し泳いだらぽっかぽか。
年齢をわきまえず、声が枯れるまで大はしゃぎしました。

潮の香りを残したまま、心地よい疲れと共に帰宅。

f0135339_86449.jpg

自宅では、Mの両親が夕食を準備してくれていました。
仲のいい友人の方々も集まって、10人でテラスの食卓へ。にぎやかです!

カンパリと白ワインのカクテルで乾杯!
ほろ苦くて美味し~(>_<*)

前菜は、トマトとツナのサラダ、メインは、Mの両親が採ってきてくれたばかりの
アサリのワイン蒸し、イカや海老などのシーフードの煮込み、そしてフルーツ。

f0135339_87878.jpgf0135339_872344.jpg
f0135339_875212.jpgf0135339_881195.jpg

野菜や果物は全てお庭か、ご近所さんのお裾分け、シーフードは採れ立て、
ぜーんぶ、郷土産!

アサリはドーンと鍋で出てきて、こんな食べられないよ…と思ったのも束の間、
もう、美味しいなんてものじゃありません。旨みたっぷりで、まさに絶品。

白ワインとも合うこと、合うこと。素材の美味しさに感動するって久しぶりです。
最高の食事をご一緒させていただきました。

実は、私たちの滞在も、これで最後。

彼が月曜の早朝に用があるため、夜中にVendeeを出発することになり、Mの
家族やご友人たちに別れを告げました。

みなさん、暖かいおもてなしを、本当にありがとう!

名残惜しそうに最後まで見送ってくれて、今度はパリでの再会を約束。

f0135339_8225116.jpg

帰路についた私たちは、パリにはまっすぐ帰らず、Toursにちょっと寄り道。

到着は夜中でしたが、ここに帰省中のもう一人友人Gと夜の街にお出かけ。
(かなり強引なスケジュールです)

疲れと眠気がピークに達して、もう訳が分からないハイテンション!

“お箸が転がってもおかしい”じゃないですが、何をやっても笑ってしまって、
ただの笑い上戸と化しました(;´д`)ゞ

それにしても、Toursってすごくキレイな街ですね!
今度絶対、旅行で来たいなぁ。

パリに着いたのは、8時頃。
その後は1日中、ぐっすりと眠ってしまいました。

本当に夢のような、とても楽しい小旅行でした。
企画してくれたSとMに感謝。Vous etes GENIAUX!!

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-18 08:38 | パリ生活
VENDEEの旅・その2。
花火の余韻に浸りながら、うちへ戻ってくると、彼が「サプライズがあるんだ」と
言って、Mと共に、庭で準備を始めました。

Mの家族が集まり、彼が何やら点火!

もしかして…!と思ったら

f0135339_611212.jpg

うそ(゚д゚*)!やっぱり打ち上げ花火!!

しかも、40mくらい打ちあがる、本格的な花火だ!

f0135339_6191162.jpg

なんで!どうやって花火を?と頭はパニック。

なぜって、フランスでは、公園などでの一般の花火が禁止されているため、日本の
様に簡単に花火を買うことができないのです。

f0135339_630341.jpg

実は、花火が大好きな私のために、彼がパリ中を探し回り、イベント関係の商品を
扱う会社と交渉して、わざわざ手に入れてくれたのだそう。

しかも一般用ではないので、ものすごいサイズ。
きっと、すごく高かったんだろうな…。

あぁ、だから車のトランクに荷物を入れる時、「いいよいいよ、俺がやるから」と、
一人で運び込んだのか。花火が見つからないように。

花火が終わると、拍手喝采。

ものの5分程度でしたが、花火の美しさ以上に、彼の思いやりに感動して思わず
泣いてしまいました(つд`)

経営者である彼は、今恐らく人生で最高に忙しい時期を迎えていて、デートも近場
で済ませてしまうことがほとんど。私は毎日を大切に、精一杯生きているそんな彼を
尊敬こそすれ不満に思った事はないのですが、彼なりに、埋め合わせをしてくれた
のかと思うと、胸が熱くなりました。

その夜、Mの家族と、彼とみんなで、見事な星空を見上げながら、ワインを飲み
(飲んでばっかり)とても暖かい気持ちで就寝。

S、ありがとう。一生忘れられない花火です。(続く)

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-17 06:32 | パリ生活
VENDEEの旅・その1。
土曜日から今朝まで、2泊の小旅行に出かけてきました。

一緒に行ったのは、付き合っている彼Sと、共通の友人M(´▽`*)

f0135339_3453281.jpg

行き先は、パリから車で凡そ5時間、NANTESからさらに西に行った、海辺の街
「VENDEE(ヴォンデ)」にあるMの実家です。

f0135339_635264.jpg

西に行くほど自然が増して、放牧された牛やヤギ、馬がのんびり気持ちよさそう!
1枚目の写真は、立ち寄ったchateau de Barbe-Bleueというお城の前の池。

f0135339_4113211.jpg

昼過ぎにようやく到着!M家のわんこ「モンゴ」とご家族が迎えてくれました。

まさに、田舎の両親といったイメージにぴったりの、見るからに優しそうな二人です。
おうちも、オレンジ色の屋根が温かみがあって可愛い!

f0135339_4383681.jpgf0135339_439819.jpgf0135339_4394160.jpg

隅々まで手入れが行き届いた広い庭には、あふれんばかりのお花や野菜、果物!
てっきり、ママンのお仕事かと思ったら、作ったのは建築専門家+庭師であるパパ。

ここら辺一帯、どこの軒先にもお花があふれ、本当に自然が豊かです。

f0135339_563894.jpg

真っ黒に焼けて、ゲラゲラと気持ちよく笑う明るいパパに、まずは自慢の庭を案内
してもらい、もぎたてのりんごやいちごを次々食べさせてもらいました。

小粒だけど、甘くて美味しい!

お昼は、とろけるようなローストビーフと、庭の野菜で作ったサラダ。美味しくて、
2枚ペロリと頂いてしまいました。(勢いよく食べてしまって、写真取り忘れ…)
野菜も甘くて、味が濃厚。

食後には、パパお手製のミラベルのお酒。

ものすごい酒豪のパパに次から次にお酒を勧められ、昼からみんなで飲むわ、
飲むわ(;´д`)ゞ

f0135339_5162968.jpgf0135339_5171492.jpg

気持ちよく酔っ払った頃、なんとMの弟と彼のバンドメンバーが、近くのガレージ
で即席のWelcomeライブを開いてくれました。

ハードロックかと思いきや、私も大好きなSKA。なかなか上手!

地元でイベントに呼ばれるなどちょっと名の知れた彼ら。とはいえ拍手すると顔を
真っ赤にしてはにかんでしまう、カワイイ若者達でした(´▽`*)

スカパラのCD送ってあげたいなぁ。

f0135339_528756.jpg

大きなベッドで大の字になって昼寝をした後、近くの港町、St.Gillesへ。
カモメが飛び回り、モナコを連想するような、白と青を貴重にした町並み。

f0135339_5325145.jpg

色々見て回った後、カフェで一息。ブルターニュ産のビールを頂きました。
ちょっと臭みがあるかな?

7月14日(革命記念日)ということもあり、どこのお店も混んでいたので、夕食は
ピザで簡単に済ませて、海辺へ移動。

目的は…

f0135339_5361542.jpg

花火!!

隅田川とは比べ物になりませんが、カラフルで、豪華!見ごたえたっぷりです!

観客は多いですが、場所が広いお陰で前に誰もいない状態で鑑賞することができ、
迫力満点。会場を貸しきっているような気分でした(´▽`*)

その後、夜のドライブを楽しんだ後、帰宅。

サプライズが待ち受けていました。(続く)

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-17 05:49 | パリ生活
北京ダックと13日の金曜日。
昨晩、友人からTELがあり、「今から北京ダック食べにいくぞ」とお誘い。

いつだったか、その友人と会話中、たまたま何かの拍子に登場した北京ダック。

そういえば、最近…というよりここ数年、食べてない。

その時無償に食べたくなり、「北京ダック食べたい!」と言ったのを、律儀に覚えて
くれていたのでした。(本人忘れてた)

f0135339_5461731.jpg

遅い時間でしたが、もちろん、お誘い喜んで(´▽`*)

そんな高級北京ダックではありませんが、春餅に包まれたパリパリの皮と、ネギ
とタレの組み合わせが美味しいこと!たまにはいいな、こんな贅沢。

幸せ気分で床に就き、迎えた13日の金曜日。

日本では不吉な日という印象ですが、フランスでは、珍しいからこそラッキーな日
という捕らえられ方をしています。

この日は、宝くじを買う人も多く、私も同僚の仏人から「はい、ラッキーのお裾分け」
と宝くじをもらいました。

f0135339_5553928.jpg

日本で、仕事の合間にスクラッチとか買ってたなぁ、と思い出しながら、淡い期待
でガリガリ。(削るくじなので)

f0135339_5563876.jpg

…見事に外れ。
北京ダックで贅沢して、バチが当たったか。チッ(-_-*)

でも、ラッキーな気持ちのお裾分けは確かに受け取りました。ありがとう。

f0135339_61675.jpg

全く余談ですが、先日のレバノン料理の帰り道、はだしで歩いている年配の夫婦
を見かけて、思わずフレームに収めてしまいました。

犬の落し物が多いこのパリで、すごい勇気だ!

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-14 06:03 | パリ生活
七七七の結婚パーティ。
(コメントへのご返信が遅れてしまっています。ごめんなさい)

私のパリの姉御とも言えるAyakoさんが、この度の七夕に、フランス人の方と
結婚されることになりました。

2007年7月7日。7が3つ重なった「喜」を表すこの日の昼下がり。

f0135339_792325.jpg

着物姿でパーティ会場に到着すると、RYUKUBOTAのキレイなお花と、チェリー
入りのシャンペンが出迎えてくれました(´▽`*)

日本の国旗をイメージしたアペリティフだと知り、あぁ、なるほど!なんて心憎い
演出だろうと感心。

フランスと日本をミックスした、二人らしい優しい雰囲気のパーティの始まりです。

f0135339_7161693.jpg

会場は、新婦の親友でもあるステキな日本人女性Hさんと、フランス人の旦那様
が営まれているレストランを貸し切り。

飲み物はフランスワイン、お食事は和食、の幸せな組み合わせ。

上の箸袋、Ayakoさんの好きな橘。彼女の手作りだそう。

f0135339_725115.jpgf0135339_725463.jpg

【本日の特別献立】

・モッツァレラチーズと生ハムのアペリティフ
・鯖の南蛮漬け
・豚の角煮
・鮪のたたき風 エスニック仕立て
・茶巾寿司

その他、野菜スティックやチーズの盛り合わせなど。

Ayakoさんが好きなHさんの手料理ばかりで、どれも文句無く美味!

先週から仕込んでいたという豚の角煮はトロットロ、茶巾寿司は色も香りも品が
あり、鯖の南蛮漬けは感激する味加減。

私の場合、着物を着ていると食欲が低下するのですが、この日はパクパクと
箸が進んでしまいました。

f0135339_7383884.jpg

己の肖像権保護で、ボカしました。着物は、めでたい紅白を意識して(´▽`*)
祖母のお古ということもあり、袖丈が短いのは、ご愛嬌。

パーティは終始、とても緩やかな雰囲気。

後輩が余興を…なんてことはなく、本当に、家族や仲のいい友人たちが、二人
の門出を祝福しながら、一緒にテーブルを囲むといった感じ。

f0135339_7551011.jpgf0135339_7555111.jpg

私は席が新郎のご家族に近く、ワインについて教えて頂きながら、逆に和食の
説明したり、新郎新婦を冷やかしたり、新婦のご友人の方々と談笑したり。

デザートの、フルーツ添えのバナナパンナコッタや、和菓子がこれまた美味で、
会話に花を添えてくれました。

時間は、驚くほどあっと言う間に過ぎていきました。

f0135339_7365646.jpg

お開きの際、帰りに頂いたドラジェ。

このブーケ、手作りの6角形の箱についていて、もちろん全て手作り。
なんで6角形なのかと思ったら、フランス=6角形のような形をしているから!

細部まで決め細やかなこだわり!

f0135339_7482421.jpg

Ayakoさんのアイデアバッヂ。
「喜」を表す「七七七」がかっこよくデザインされている!めちゃくちゃ粋!

これは、バッグに付けよ~(´▽`*)

随所随所に、二人らしいステキなアイデアが散りばめられ、手作り感と、アット
ホームな感じがいっぱいの、心に残るパーティでした。

f0135339_7485863.jpg

今日はお誘いありがとう!
月並みですが、Ayakoさん、Stefan、いつまでもお幸せに♪

今回のステキなお店【ZOO
12,Rue de l'amiral roussin 75015 Paris
 
【ブログランキング】に参加中!
新婚カップルに【応援の拍手】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-09 08:13 | パリ生活
Sous la plageピクニック。
ピーカン、とまでは行きませんが、割と穏やかに晴れた日曜日。

アーティストのKさんやKさんのお友達と共に、15区のアンドレ・シトロエン公園に
ピクニックに行きました。(同公園の紹介エントリー

f0135339_57384.jpg

待ち合わせは、あの気球の前!
晴れた日曜日の午後ということもあり、家族連れやカップルで賑わってます。

折りしも、この公園で「Sous la plage」というイベントを開催中。

セーヌ川沿いに併設された特設会場で、コンサートやコメディなど様々な演目や
展示が行われていました。

事前に見たプログラムで、気になったのが“日本の伝統アート”として紹介されて
いた「Jardin de Shoko」(ショウコの庭)という展示。

ピクニック前にちょっと見に行ってみようと、案内に従っていくと、…あれ?

f0135339_5362940.jpg

わぁ!風鈴!!

しかも、私がこの前買った、篠原風鈴本舗の風鈴だ(゚д゚*)!

沢山の風鈴が、風にあわせて一斉にチリンチリンと大合唱する様は圧巻。
多くの方が、吸い寄せられるように集まり、しばし音色を楽しんでいました。

日本人アーティストのサカイショウコさんという方が、日本の夏をテーマに4つの
展示を行っていたようで、これはそのひとつ。
(時間が合わず行けませんでしたが、他に影で遊ぶ展示や流しそうめんなど)

風鈴の魅力がフランスでも伝わればいいなぁ、と考えていた矢先の出来事
だったので、偶然に軽く感激しつつ、ショウコさんに心の中で拍手!
(お会いしてませんが)

展示を一通りみて、木の下でピクニック(´▽`*)

f0135339_5105078.jpgf0135339_5114693.jpgf0135339_5124377.jpg

本日のランチ。

Mちゃんのトマトの炒め物(いや、もっとステキな名前があるはずなんですけど)、
Kさんのキノコの炊き込みご飯。この、しゃもじ付きな豪快さが好き。

そして、お粗末ながら、私の新茶おにぎり。

細かく刻んだ今年の新茶を炊き込んで、おにぎりにしました。(そのまんま!)
味付けは塩だけ。爽やかな香りです。

いざ、ワインで乾杯!
まったりとしながら、のんびり食事をしました(´▽`*)

新鮮な空気の下で、どれも美味しい♪

f0135339_5161587.jpg

パティシエ、そして実はコンフィチュール作りの達人でもあるMちゃんお手製の
チェリージャムが、本日のデザート。パンに付けたり、ヨーグルトに混ぜたり。

チェリーがつやっつやで、酸味も甘みも、果肉の食感も抜群!
痛く感激したデザートでした。

私が作るジャムとは全然違うし、今度、コツを教えてもらおう。

f0135339_5203226.jpg

食後は、ピクニック恒例?のポーカーに興じるみんな。
(なぜかピクニック好きは、みんなポーカー好き)

Kさん持参の本格ポーカーで、しばし我を忘れる熱中っぷり。

結果は、コンフィチュール女王Mちゃんの圧勝!

かわいい顔をして勝負師です(笑)そして、真ん中くらい、という一番面白くない
終わり方をした私。ブロガーなのに、オトせなくてスイマセン(つд`)

f0135339_52442.jpg

そうそう、特設ステージで、日本人とフランス人?の二人組みダンスユニットが
軽快に踊っていました。

彼女たちが出演した途端、突然ステージ前が混み、なぜか大人気(゚д゚*)!

フランス人C曰く「アニメとか、ゲームのキャラクターみたいな踊りだね」とのこと。
うーん、確かに。ルーズソックス、久しぶりに見たなぁ。

予期せず、パリの中の日本を感じたピクニックとなりました。
今年は何回ピクニックできるかな(´▽`*)

【ブログランキング】に参加中!
木の下ピクニックに【ワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-03 05:38 | パリ生活