日本茶に導かれ、江戸→パリ→NYへ。次はどこかな。
by sayagata
カテゴリ
全体
NY生活
パリ生活
パリ小ネタ
お茶・喫茶
パリスイーツ
パリで和菓子
フランス料理
ワイン勉強中
自炊がんばる
パリの中の日本
ご挨拶
お知らせ
未分類
検索
お気に入りブログ
AQUA+ARIA
勝手気ままに書き綴りたいこと
ちょこっとキモノ   (...
nanogram*
まる*s Diary
クイイジーヌmintot...
雑(兎)録::日々精進
本日も和菓子日和です
八女茶 おらが山のお茶日...
-Feel Tokyo-
栗原製茶『ポレポレ通信』
いつものパリ
横浜和菓子 磯子風月堂(...
薬膳のチカラ
蕎麦侍の自信はあるけど ...
一燈庵のまったり茶飲み話
ここから
赤飯番長のひとりごと
こんなパスタはダメですか?
着物でパリ
ネコな海老
ご贔屓筋
-------------------------
Sayagata旧ブログ
-------------------------
喫茶ぶろぐ。
喫茶ぶろぐパリ支部
-------------------------
お茶ブログ
-------------------------
壷中庵喫茶の世界
茶坊主放浪記
狂想曲。
日本茶屋の旦那のひとりごと
-------------------------
和菓子ブログ
-------------------------
別冊kototoynote
Japanesque the sweets
-------------------------
パリブログ
-------------------------
食べ物中心。パリ生活。
バゲット片手に。
パリで、着物暮らし
コルシカへヨメに行く女
-------------------------
お気に入りブログ
-------------------------
kototoynote
kototoyjourney blog
暮らしのアレコレ
WAFU-図鑑
丸山智己の躍るアホウ
エールセラピーBlog
以前の記事
2008年 05月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
バトンを見落としていまし..
from ここから
cake baton
from 勝手気ままに書き綴りたいこと
TB企画“十五夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
もちはもちや。"専門"の..
from Boochanの宝探し
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:パリの中の日本( 8 )
着物でフレンチ。
先日から、うちに泊まりに来てくれている、茶道の先輩Kねーさん。

快活で優しく、何より和に精通したとてもキチンとした女性。

Kさんがパリに来たら「着物でフランス料理を食べに行こうね」と前から話していて
昨晩、実現させました(´▽`*)

f0135339_5415881.jpg

お恥ずかしながら、ワタクシめの後姿。
着物も、遊び心のある帯も、母譲りのお気に入り。

ちょっとアートっぽい柄で、フランスらしい?

普段は下手すると20分近く掛かってしまう帯の巻き上げも、Kさんのサポートで
ものの5分で着ることが出来てしまってびっくり。

なるほど「着物を着る時は、背中に目と手がほしい」という気持ちが分かりました。

f0135339_5454197.jpg

Kさんのお着物(´▽`*)ラオス産の素材で、なんと、帯は手作り!
季節にも合った色で、Kさんの落ち着いた雰囲気にとてもピッタリでステキ。

ワインは、サンテミリオン2003。辛口で厚みがあるけれど、軽やかなお味。

カジュアルフレンチのCafe de commerceで、テリーヌやサラダ、黒鱈などに
舌鼓。ワインとも合っていて、美味しかった!

その後、せっかくだし、と着物姿のまま、いつものバーへKさんを連行。

オーナー・ジルが、初めて見る着物姿に大層喜んでくれて、お酒をサービスして
くれたので、ガッツリご馳走になってきました(*´▽`)v

着物好きの友人が来る度、着物でお出かけしていますが、日本人女性としての
アイデンティティを実感し、背筋が伸びるようでなんだか心地よいです。

今年は寒くて、新調した浴衣を1度も着られなかったし、Kさん滞在中に、もう1回
着物着たいなぁ。

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-09-21 06:05 | パリの中の日本
日本国旗、揺れてます。
9月7日から、フランスはラグビーワールドカップ一色。

サッカーに続く国技か?というくらい話題になっており、毎年発売されるフレンチ
ラガーマンのセミヌードカレンダーや、雑誌、関連本は飛ぶように売れるそうです。
(今年は、ラガーマン&有名シェフのコラボレシピ本が発売)

ちなみに現在、エッフェル塔には大きなラグビーボールが掲げられてます(´▽`*)

正直、全く縁がないスポーツで、ルールさえイマイチ分からないのですが、素人
でも知っているニュージーランドAllblacksのハカは、やっぱりカッコいい!

※ハカ=試合前に相手を威嚇するためのダンス。
大分前、グロンサンの「頑張って頑張って仕事」のCMの元になりましたね。

KAMATE Ora mate
(何故かフランスチームスポンサーをしているTOYOTAのCM)

私の行き着けの飲み屋でも、スポーツ中継が見られるので、夜な夜なラグビー
ファンやラガーマンが集まって、大騒ぎです。

同じく熱烈ラグビーファンのオーナー・ジルが「Sayakoのために、日本の国旗を
飾ったよ」と嬉しいことを言ってくれたので、思わず記念写真。

f0135339_58468.jpg


ジルありがとう(つд`)
日本、フィジー戦はいい試合でしたし、あと2試合、じっくり見届けたいです。

頑張れ、ニッポン!

ラグビーワールドカップ、日本ではどんな風に報道されているのでしょう。

おまけで、ハカAdidas "Impossible is nothing"版。かなり可愛いです。

All blacks HAKA

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-09-14 05:20 | パリの中の日本
「殯の森」とチーズケーキ。
パリは現在「Paris Cinema」という、映画祭の真っ只中。

7月3日~14日までの間、パリ各地で上映される450本にも及ぶ映画や、関連
イベントが、フリーパス(20ユーロ)で見放題、単発でも1本4ユーロ(約680円)で
見られるという、映画好きにはたまらないイベント。

今回は、カンヌで大賞を取った河瀬直美監督の「殯の森」の試写会もあると言う
ので、最近レバノン料理がきっかけでお友達になった、Tさんと、Tさんの旦那様、
旦那様のお友達(共にレバノン人)と一緒に、出かけて来ました(´▽`*)

映画の前にまず寄ったのが、レバノン写真展「LIBAN!」。

実は今年、この映画祭でPays honneur(名誉招待国)となったのが同国。

様々なレバノン映画の上映だけでなく、写真展も開催され、レバノン料理に魅了
されてしまった私としては、レバノンを知る願ってもいないチャンス。

f0135339_6142142.jpg

4区の会場で、3名の写真家による作品を見たのですが、一番興味を引いたのが
P.Lomascolo氏による、上の画像のフォト。

頭に脳波計をつけられた、様々な年齢の沢山の男女の写真。

下には、名前と、年号。

何を表現しているのかと思ったら、それぞれの被写体に、レバノンの平和を想像
してもらい、それが実現するのが何年かと思うかが書かれたもの。

年配の方ほど、平和はすぐに訪れると信じ、若い人ほど、この不安定な治安が
長引くと思っている傾向があり、その現象はすごく不思議な、でも、とても怖い
ことのような気がしました。
(これからの世代が、平和が訪れるのがずっと先だと思っている訳ですし…)

それにしても、中東の方の名前って、何だか響きがロマンチック。

f0135339_5573492.jpg

写真展を見終えた後、マレでお茶を飲んでから映画館へ。

大賞を取った映画、しかも公開3ヶ月前、おまけに4ユーロで見られるとあって
ものすごい人だかり!
(Tさんが前売り券を買って下さっていて、すぐに入れました。Tさんありがとう!)

結局、河瀬監督の舞台挨拶は見られなかったのですが、無事「殯の森」を鑑賞。

ネタばれは控えますが、私は好きな作品でした。

ドキュメンタリー映画かと思うような冒頭から、終焉を迎えるまでの流れが独特、
でも終わってみると、不思議と後味のいい映画だと感じました。

奈良の茶畑や景色もとてもキレイ。

レバノンのお二人も、とてもいい印象を持った様子で、一人は途中、嗚咽をもらす
ほど感動したそうです。

ちなみにフランスの映画評論サイトでは、絶賛がある一方、昼寝に最適の映画、と
酷評されていたり、意見は極端に真っ二つ!

いずれにしても、日本の映画が評価されたり、議題にあがるのは嬉しいことです。

f0135339_2239419.jpg

マレで購入し、なぜか映画中にほお張った、イスラエルチーズケーキ。
イスラエル料理は味が薄いそうですが、このケーキも、かなり淡い味わいです。

日本のスフレチーズケーキを、甘さ超控えめにしたような。

そして、映画中にチーズケーキを食べることの、困難さといったら!←アホ。

色々と、未知の世界に触れる1日でした。

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-13 06:32 | パリの中の日本
日本道をやり直し。
今日は、写真なしで、ちょいと真面目なお話を(´▽`*)

今週から和弓道を習い始めました。

何箇所か訪ね歩き、友人のお陰でついに先日、ここだ!と思える道場に巡り合う
ことが出来たのです。

フランスで弓道?と思われると思いますが(*´д`)ゞ弓道人口は、ドイツに続いて
世界で二番目に多く(といってもドイツが抜きん出て多いのですが)、精神の鍛錬
やzenの心を学ぶため、門を叩くフランス人の方は増えているそうです。

私がここだ!と思った弓道場も、生徒さんは全員フランス人、またはフランスが
ほぼ母国語の方ばかり。

ちなみに、道場主もフランス人の先生、日本人の奥様とご指導に当たっています。
挨拶や指導は、もちろんフランス語。

Sayagata、弓道に触れたのは、実に11年ぶり。

しかも、巻藁止まりで、的前に立つまで至らずに離れてしまったので、もう本当に
ゼロからのスタートです。
(弓道は、的の前に立つまで長い道のりです)

最初は、基本の挨拶から。

日本人なのに、生徒の中で一番挨拶がなっていない私。
全く一から、というより、日本人をやり直すような気持ちです(´▽`;)

皆さん、日本人?と錯覚するほど挨拶や振る舞いが自然で、一射一射が丁寧、
弓を射る姿も、美しく、目を見張る方ばかり。

こういう、心揺さぶられる感覚は久しぶりで、ワクワクです。

そして、久しぶりのゴム弓!
(ゴム弓=弓を持つ前の訓練道具)

的前までまだまだ遠い道のりですが、全神経を集中させ、程よい緊張感が続く
射法や、気持ちが研ぎ澄まされる瞬間が、とても心地いい。

フランスで、揉まれたり、なまったりした、日本人の感覚が戻ってきたような感じ
がして、嬉しいのです。

また、素晴らしい方との出会いがありました。

6週間だけ、日本からご指導にいらしていたT田先生。

見学で伺った際「なーに、弓は遊びだよ。精神がどうなんて理屈っぽく考えないで
友達作るつもりで遊びにおいで」と笑顔。

実は、私が道場に通い始めた初日は、T田先生がご指導される最終日。

「僕が去る時、君は来た。出会いと別れってのは、弓の射法「会(かい)」「離れ
(はなれ)」と同じだね」と笑いながらお話して下さり、ジンと心に響くような優しい
言葉を沢山かけて下さいました。

最後に、壁に掛けられた掛け軸「愚公移山」を見て、小さなことの積み重ねの
大切さを改めて教えていただき、先生に出会えた有り難さを痛感。

やたらとセンチメンタルな弓道初日となりました。
これからの練習が楽しみです(´▽`*)

翌日、腕が筋肉痛になるかと思いきや、パキパキなのは腰とひざ裏。
思わぬところに、力が入っているらしい…。

【ブログランキング】に参加中!
愚公移山に【拍手】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-05 08:21 | パリの中の日本
1年遅れのホワイトカレー。
昨年の今頃、スープカレーの次に来る!と言われて話題になったホワイトカレー。

5月末に仕事で一時帰国した際、帰ったらパリのみんなで食べてみようと、ルーを
買って来ました。

いつものメンバーが集まって、ホワイトカレーの日を決行。

f0135339_4403088.jpg

メンバーは料理上手ばかりなので、前菜は各自が用意してくれます。
これはパリ子さんの、ツナとエシャロットのおつまみ。

上の赤胡椒(で合ってる?パリ子さん)が、すごくいい香りで、食感も最高。

f0135339_4432534.jpg

Mっちさんのバンバンジー。期待を裏切らない、正統派の美味しさ。

とは言え、このゴマだれ、そこら辺のスーパーでは買えません。

日本の馴染みの味を作り出すために、中華スーパーに行ったり、知恵を絞って、
代替品を見つけたり。そういう飽くなき探求をして、美味しいのが出来た!と
小さな喜びを分かち合う瞬間は何とも楽しくて、好きです(´▽`*)

f0135339_4442934.jpg

そしてメインのホワイトカレー!

…と言いながら、実はどうしても味がボヤーッとしてしまって、「え…こんなもので
いいのかな?」とイマイチ自信がもてない仕上がり。

どう考えてもお米には合わないので、MOISANのバゲットで頂きました。

みんなは美味しいと喜んでくれて一安心だけど、実際のところ、ホワイトカレーと
いうのは、クリームシチューにスパイスが入ったような感じなんですね。


実はこの日、気圧のせいか、Sayagata激しい頭痛で絶不調。食事も満足に
いただけず、みんなの傍で横になっていました。

嬉しかったのが、みんなが置いてくれた距離感。

大丈夫?と過度に心配せず、程よく会話に入れてくれたり、本当にタイミングよく
気を使ってくれたり。みんな、空気の読める大人だなぁと感心しきりでした。

ホワイトカレーより、みんなの有り難さを痛感した夜。

【ブログランキング】に参加中!
1年遅れのホワイトカレーに【ワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-01 05:01 | パリの中の日本
ソルドで和なお買い物。
パリは27日から恒例の大セール。

今年は軍資金が少ないからなぁ、バッグや服をちょっと買う程度かな、と思っていた
初日に、一番最初に買ってしまったもの。

f0135339_415589.jpg

江戸風鈴♪

センスのいいアジア雑貨のお店を営む、知り合いの日本人の方(ダンディな
おじさま)のお店で、ソルド価格にしていただき、即決しました。

手作りの風鈴を作る職人さんが、日本にはあと2人しかいないそうで、この作品は、
そのお一人、私も以前テレビで拝見したことがある、篠原正義さんのもの。

江戸っ子な私が、ここパリで江戸風鈴に出会ったのも何かの縁だし、フランス人の
友人たちに風鈴の魅力を伝えられる機会かな(´▽`*)

早速、窓の近くに下げました。
時折、ちりん、と優しく、でも力強い音を立ててくれます。

何だか心に響く、いいお買い物でした♪

f0135339_429721.jpg

そのお店の方が以前下さった、元祖菅田(すがた)のいかせんべい。
全国菓子大博覧会名誉総裁賞受賞を受賞している、すごいおせんべいです。

本当にいかの味と香りがして、びっくり。淡くて、後に引く美味しさでした。
Mさん、いつもありがとうございます。

篠原風鈴本舗サイト

【ブログランキング】に参加中!
江戸風鈴に【ワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-07-01 04:13 | パリの中の日本
巻き寿司パーチー!
連日帰宅が遅くて、更新が滞ってしまってごめんなさい(;´д`)ゞ

さて先日、友人Yちゃんのおうちで開かれた巻き寿司パーティーにお邪魔しました。
もうすぐお引越し(といっても、同じパリ市内)するYちゃん&彼の、前祝いです。

f0135339_475783.jpg
(肖像権保護でボカしております)

Yちゃんや彼の友達が15人くらい?集まりました。

インターナショナルカップルなので、集まった友人の方たちも多国籍!フランス語
だけでなく、イタリア語、ドイツ語が飛び交ってます!

f0135339_41204.jpg

巻き寿司は、YちゃんとA子さん、私の"Equipe Japonaise”(日本チーム)で
準備しました(*´▽`)v

こちらで手に入るもの&外国の方でも食べやすいもの…ということで、サーモンや、
豚キムチ、アボカド&ツナ、カニかま(こちらではSURIMIといいます)&野菜など
ちょっと個性的な内容。酢めしが苦手な方もいるので、お酢も控えめです。

f0135339_4155633.jpg

ドーンヽ(´▽`*)ノ

巻き寿司を中心に、おいなりさんや江戸前寿司、しめ鯖(A子さん特製)、唐揚げ
など和食のオンパレード♪

いざ、ビールで乾杯!

「Bon appetit!」と食べ始めてすぐ「ドボン!」という音。

え、ドボン…(゚д゚*)?

なんと、慣れないお箸に苦戦して、巻き寿司をビールに落とす人出現!
うーん、日本じゃ見ない光景だな…。みんなで、大ウケでした(´▽`*)

美味しいお料理で、全員が大感激。

Yちゃんのフレンドリーな性格からか、集まった友人の方たちも、優しくて面白い人
ばっかり。あっという間に時間が経ちました。

f0135339_4325934.jpg

最後はデザート。

Yちゃんお手製の抹茶ティラミス。ラム酒の代わりに日本酒を使ってます。

f0135339_4414470.jpg

その抹茶ティラミスに合うかな、と思って、持参したのが黒豆の煮物。
(写りが悪くてスミマセン)

2日掛かりで作っただけあって、味が染み込んでいて美味しく出来たヽ(´▽`*)ノ
ほんのり塩味が、ティラミスととても合って、我ながらナイスアイディア。

今度抹茶ティラミスを作る時は、黒豆層を入れてみようかな。

f0135339_4483482.jpg

生地にも抹茶が入っていて、ほろ苦加減がかなり絶品な抹茶ティラミスでした。
また食べた~い(>_<*)

夜中のテンション最高潮の頃、みんなもお酒が回り、熱い議論に突入。

話題は、ハリーポッターの話から、エッフェル塔の避雷針の話、はたまた中国の
民主主義…と幅広く、改めてフランス人の議論好きを痛感。

友人が家まで送ってくれるというのをいいことに、2時まで長居してしまいました。
Yちゃん&V、遅くまでお邪魔してしまってごめんね。

準備と片付けおつかれさま!
ステキな会に誘ってくれてありがとう。すごく楽しかった(´▽`*)

【ブログランキング】に参加中!
ビールにドボン!に【ワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-06-24 04:54 | パリの中の日本
パリで和なお稽古。
ここはパリ9区。とある劇場前です。

f0135339_8214034.jpg
(ブレててスイマセン)

今日(水曜日)ここで、あるお稽古の見学をさせて頂く予定。

劇場の中とは聞いていたけれど、本当に映画館のようなところの3階に、その
お稽古場はありました。

モザイクがキレイで、一見、アラブのモスケを連想させる内装。
へぇ、こんなところがお稽古場なんだ。さすが、多国籍なフランス。

お邪魔します!と覗き込んでみると…

f0135339_8222924.jpg

あぁ、有った!懐かしい風景。
この米俵のようなもので、ピンと来た方も多いかも知れません。

そう、和弓道なんです(´▽`*)

意外にも、フランスは、日本、ドイツに続く弓道大国。
サムライスピリッツや、ZENの心を学びたい、と思われる方が多いよう。

実は、高校時代に地元の弓道場で少しかじっていたのですが、学校の方で
所属していたテニス部の活動が忙しくなって、途中で諦めてしまったのです。

その後も、弓道を続けたい気持ちはずっとあったのですが、なかなか条件面が
整わず現在に至る…。実はパリに来て2週間目にも、別の弓道場に下見に行った
のですが、どうしても「ここだ!」というインスピレーションを得ることができず、
再び諦めてしまいました。

でも、ここに来て、弓道熱が再燃。

背筋に心地よい緊張が走る構えや、精神が研ぎ澄まされる、弓を射る瞬間を
もう一度体感して、ちゃんと身に着けたい。

そして何より、異国フランスでも、日本の文化に触れていたい。
(フランス弓道連盟の先生は、みなさんフランス人です)

きっと、初心者は日本人のプロの方に教わるのがベストなのだと思いますが、
日本の文化を、異国で、外国人の方に教わるという経験も面白いかも知れない。

また、弓道を通して、日本の文化をフランス人の方々と共有できるのはすごく
貴重なことだと思い、改めて、弓道を始めようと思いました。

もう少し道場をまわって見るつもりですが、弓道の一歩を踏み出せたら、また
ブログでご報告しますね(´▽`*)

人気blogランキングへ
[PR]
by sayagata | 2007-06-08 08:45 | パリの中の日本