日本茶に導かれ、江戸→パリ→NYへ。次はどこかな。
by sayagata
カテゴリ
全体
NY生活
パリ生活
パリ小ネタ
お茶・喫茶
パリスイーツ
パリで和菓子
フランス料理
ワイン勉強中
自炊がんばる
パリの中の日本
ご挨拶
お知らせ
未分類
検索
お気に入りブログ
AQUA+ARIA
勝手気ままに書き綴りたいこと
ちょこっとキモノ   (...
nanogram*
まる*s Diary
クイイジーヌmintot...
雑(兎)録::日々精進
本日も和菓子日和です
八女茶 おらが山のお茶日...
-Feel Tokyo-
栗原製茶『ポレポレ通信』
いつものパリ
横浜和菓子 磯子風月堂(...
薬膳のチカラ
蕎麦侍の自信はあるけど ...
一燈庵のまったり茶飲み話
ここから
赤飯番長のひとりごと
こんなパスタはダメですか?
着物でパリ
ネコな海老
ご贔屓筋
-------------------------
Sayagata旧ブログ
-------------------------
喫茶ぶろぐ。
喫茶ぶろぐパリ支部
-------------------------
お茶ブログ
-------------------------
壷中庵喫茶の世界
茶坊主放浪記
狂想曲。
日本茶屋の旦那のひとりごと
-------------------------
和菓子ブログ
-------------------------
別冊kototoynote
Japanesque the sweets
-------------------------
パリブログ
-------------------------
食べ物中心。パリ生活。
バゲット片手に。
パリで、着物暮らし
コルシカへヨメに行く女
-------------------------
お気に入りブログ
-------------------------
kototoynote
kototoyjourney blog
暮らしのアレコレ
WAFU-図鑑
丸山智己の躍るアホウ
エールセラピーBlog
以前の記事
2008年 05月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
バトンを見落としていまし..
from ここから
cake baton
from 勝手気ままに書き綴りたいこと
TB企画“十五夜の宴・2..
from つきのくさぐさ
もちはもちや。"専門"の..
from Boochanの宝探し
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヴェルサイユ、光の祭典!
モロッコから帰った途端、仕事が大忙しで、週末無しで突っ走り、本日やっと一息。
更新が遅くなって、皆さんのところにもお伺いできず、ごめんなさい。

さて、まずは、9月1日に観にいった、ヴェルサイユ宮殿のスペクタクルについての
ご報告(´▽`*)

8月から9月に掛けて開催されていたヴェルサイユ祭りの一環で、「GROUPE F」
という、世界で活躍するフランスのエンターテインメントグループによる光の祭典を
観て来ました。

…と、その前に。

f0135339_6342626.jpg

折角なので、ヴェルサイユ宮殿内、改装を終えて間もない「鏡の間」を拝見。

ちょっと人酔いしましたが、ここで本当に王家の生活が繰り広げられていたのかと
思うと、何度見ても感慨深い(-_-*)

f0135339_6361847.jpg

こちらはお土産コーナーで売られている、マリー・アントワネットが使っていた香水
を当時のレシピ通り再現したもの。

映画「マリー・アントワネット」と「パフューム」を先月観たばかりだったので、ぜひ
少し嗅いでみたかったのですが、厳重に管理され、手で触れることさえできず…。

ちなみにお値段、10mlで350ユーロ(約59,000円)(゚д゚*)!
王室級プライス。

f0135339_6414947.jpg

ヴェルサイユと本当、全然関係ないのですが、庭を散歩中にすれ違って、思わず
ツッコミたくなったおじさまのジャージ。HIROSHIって!

開演までの間、外で夕食をいただき、いよいよスペクタクル開始です。
場所は、庭園内の森と池が広がった一角。

先に言ってしまいますが、感想は「すごい…」の一言でした。

瞬きが惜しいような、かっこよくて、可愛らしくて、それはそれはステキな世界に、
すっかり魅了された私たち。

とにかく音と光の共演が見事で、写真ではお伝えしきれないので、まずは以前の
GROUPE Fの作品をYoutubeで見て戴くと、印象が掴みやすいかと思います。

2004年 GROUPE F@Lille

ということで、写真のデキはイマイチですが(買い換えたばかりで使い慣れない上
夜の撮影が不得意なカメラ…)スライドショーを作ってみたのでどうぞ(´▽`*)!

*La face cachee du Soleil
*La face cachee du Soleil2
(右上のスライドショーボタンを押して下さいね)

ダイナミックで摩訶不思議、しかもすごく可愛いいのに、どこか哲学的。

写真を整理しながらも、またあの時の興奮がよみがえりました。
本当にかっこよかったなぁ。

f0135339_6471140.jpg

余韻に浸りながら、駅に向かう道。
火薬の香りと、花火の煙で、なんだかすごく雰囲気のある町並みになってました。

f0135339_6452314.jpg

こんなお店も有ったりして(笑)
江戸っ子としては東京焼かないで欲しいんですケド。

寝床についても、まだ別世界にいるような興奮冷めやらないスペクタクルでした。
GROUPE F、また観にいきたい!!

【ブログランキング】に参加中!
【応援のワンクリック】をお願いします!
[PR]
by sayagata | 2007-09-13 06:51 | パリ生活
<< 日本国旗、揺れてます。 ヴェルサイユ→モロッコへ。 >>